ベル通 フェイスブック


広告受付中です。様々な種類をご用意しています!詳細はこちらから。
スタッフ募集中。楽しくベルギーを発見してみませんか?スタッフに関する詳細は「こちら」でご覧下さい。お問い合わせフォームにてご連絡ください。


Click for Brussels, Belgium Forecast ベルギー
現在の気温





ブリュッセルの天気

暮らし
ベルギーから近いドイツにあるアーヘンのクリスマスマーケット   ホーム暮らし近隣国>ケルン

ベルギー近くのクリスマスマーケット           【2017-10-16】
~ケルン(ドイツ)~                           

ブリュッセルから車で約2時間、大聖堂で有名なケルンでは、毎年大規模なクリスマスマーケットが開催されます。大聖堂のすぐ隣で開かれるマーケットをはじめ、その数なんと6種類。複数のマーケットを歩いて「はしご」することもできます。大聖堂そばのインフォメーションセンターでは、無料の地図も配布しています。(2012年度時点)

ここでは、とくに人気の高い2つのマーケットをご紹介します。

Christmas market at the Cologne Cathedral (大聖堂そばのマーケット)

ケルンの大聖堂前のクリスマスマーケット

このマーケットの魅力は、なんといっても荘厳な大聖堂をバックにしたロマンチックな景色。大きなツリーも設置され、それを取り囲むように無数の赤い屋根が広がります。

お店は、クリスマスオーナメント、おもちゃ、アクセサリーなど見切れないほどの数。もちろん、グリューワイン(ホットワイン)や食べ物系のお店も大充実。




あつあつチーズがたまらないラクレット
ラクレット
止まらないおいしさ!のマッシュルーム
(サワークリームをたっぷりかけていただきます)

マッシュルーム

昼間に見る大聖堂もなかなかの趣ですが、夜になると、まるで星空の下にいるかのようなムードに!ただし、混雑もピークになるので、とくに小さいお子様連れの方はご注意を。(バギーでは身動きがとりづらい場合も)

昼間のクリスマスマーケット

Cologne Old town ”Home of the elves” (オールドタウンのクリスマスマーケット)

オールドタウンのケルンのクリスマスマーケット
大聖堂から、歩いて10分ほどの至近距離にあるこちらは、かわいい小人たちが迎えてくれるファンタジックなマーケットです。 (ケルンには、働きものの小人たちがいた、という伝説があるようですね)

お店の雰囲気も、大聖堂そばのマーケットとはがらりと変わり、こちらは少しロッジ風。 テーマパークのように凝ったディスプレイのお店も多く、見ているだけでわくわく。売られているものにも、多少の違いがあります。また、小さいメリーゴーランドもありました。



グリューワインのカップ
グリューワインのカップも、小人のイラスト。大聖堂そばのマーケットとは、カップも異なるので、両方集める楽しみも。(カップを戻せば、デポジットは返ってきます。カップをキープしたい場合は、そのまま持ち帰ってOKです)

ケルンのクリスマスマーケットは、とても賑やかで、丸一日あっても見きれないほど。クリスマスムードを、思う存分堪能できます。

 


【今年の日程と公式サイトなどの詳細情報のリンク】

日程:2017年11月27日(月)~12月23日(土)

ケルン大聖堂そばマーケットの公式サイト(英語ページ)
http://www.koelnerweihnachtsmarkt.com/en/

オールドタウンマーケットの公式サイト(英語ページ)
http://www.heinzels-wintermaerchen.de/en_index.html

※その他のケルンのクリスマスマーケット
(場所によっては23日や24日から始まる会場もあり)

Market of Angels-Christmas at Neumarkt
http://www.markt-der-engel.com/

Cologne Harbour Christmas market at the Chocolate Museum 
http://www.hafen-weihnachtsmarkt.de/

Christmas market at Stadtgarten 
http://www.weihnachtsmarkt-stadtgarten.de/


ケルンのホテル一覧はコチラから。(日本語のレビューもあり)By Booking.com

ベルギーからすぐ近くの「ドイツのクリスマスマーケット情報 2016年版」もご覧ください。

*詳細は変更になることがありますので、それぞれの公式HPにてご確認ください。

オリジナル【2013-11-20】